アメリカ不動産投資をしよう|耐用年数を調べることが先決です

スーツの男女

マンションの活用方法

ウーマン

不動産投資の中でも、比較的手軽に始めることができるマンション投資はサラリーマンにも人気を集めています。価格の安いワンルームマンションを購入することで、大家として家賃収入を得ることができるようになります。もちろん、住宅ローンを組んで毎月の返済があるために、家賃はその返済に充てることになります。注意が必要なのは、まず変動金利によるローンを組んだ場合、将来の金利上昇のリスクがあることです。さらに築年数が古くなるにつれて、得られる家賃も少なくなってきます。また、ワンルームマンションの場合、需要はほとんど投資用に限られるので、あまりに古くなると転売が難しくなります。マンション投資は長期保有でも無理のないように計画を立てることが大事です。

不動産相場が上昇する中で、マンション投資による資産形成が注目されます。これは将来売却することで利益を得ることが目的となります。そのために、現在のマンションの建設ラッシュは将来の売却物件の増加にもつながると予測されます。ただし、ワンルームマンションに関しては建設規制が強化されてきているので、今後は需要が増えると考えられます。というのも、手頃な広さの安い家賃で借りることができるワンルームが新規に増えないことが理由のひとつとなります。そしてもうひとつは、単身者の増加が顕著になっていることです。独居老人が増えていることに加えて、結婚する年齢が高齢化していることが背景にあります。このような賃貸需要を考慮してマンション投資を検討することが大切です。