アメリカ不動産投資をしよう|耐用年数を調べることが先決です

設計図と模型

マンションの活用方法

ウーマン

マンション投資の今後の展開としては、単身者の増加やワンルームマンションの建設規制などが大切な要素となります。資産価値の上昇を見込んでの投資ならば、いかに売却するかが重要です。そのための需給関係を把握する必要があるからです。

More...

海外不動産のメリット

玩具の住宅街

耐用年数をリセット

物件には耐用年数が決まっていて、その分減価償却できる期間に該当します。これはアメリカの物件にも設定されているのです。しかし日本とアメリカの物件では少し違いがあります。これを利用して節税をしている人が多いため、アメリカ不動産投資はかなりの人が使っているのです。実際どこが違うのかというと、日本では各物件ごとに耐用年数が設定されています。これは一度耐用年数を過ぎると減価償却ができなくなるのです。しかしアメリカの物件は耐用年数が一律になっています。一見不便な感じに捉えてしまいますが、実は耐用年数をリセット可能です。リフォームを行うことによって過ぎてしまった耐用年数は0に戻ります。このような理由からもアメリカ不動産投資は人気となっているのです。

減価償却を活用できる

日本の不動産会社を利用して物件を購入した場合、建物には耐用年数が設定されています。耐用年数と物件の価格を割るとその割った金額を毎年減価償却費として計上できるのです。つまりこれは節税対策になるのでマンションなどの収益物件を購入している人にとってはかなり重宝します。一方アメリカにも不動産があり、アメリカ不動産投資を活用してさらに節税対策を行えるのです。実は日本では海外で購入した物件も減価償却費として計上できるため、うまく活用して効果的な節税を行えます。不動産所得に関しては他の所得と一緒に損益通算できるので、高額所得をしている方はかなりのメリットがあるのです。今後はアメリカ不動産投資を利用した節税が流行るでしょう。

マンション経営を始める

マンション

投資用マンションを購入する場合には、ローンを組むことができるため、元手が少なくて済むというメリットがあります。また、物件を選ぶ場合には、早期に資金回収ができる投資利回りの高い物件も重要ですが、立地性の高い物件が最終的には人気があります。

More...

民泊の代行で収入を得る

スーツの男性

沖縄は非常に人気の観光地で、既に宿の種類がいろいろありますが、空き家や賃貸マンションに格安で泊まることができるairbnbも新しい観光事業として期待されています。airbnb代行を利用することで建物の所有者は簡単に収入が得られます。

More...